歯医者に関する情報が満載!

歯医者さんのお仕事

歯医者でホワイトニングする場合どのくらいの期間通う?

歯の黄ばみや着色汚れを落とすホワイトニングですが、希望通りの真っ白い歯になるまでどれくらいの期間歯医者に通えばいいのでしょうか。
まずホワイトニングにはいくつかの方法があり、そのうち歯科医に通って受ける治療をオフィスホワイトニングと呼びます。
このオフィスホワイトニングの場合、1週間に1回のペースで5回ほどを目安に、歯の色をスケールで測りながら治療を進めていくことになります。
具体的な治療方法としては、薬剤を塗った歯にハロゲンライトやレーザーをあてて熱によって色素を分解する方法や、ホワイトニング剤で脱色する方法などがあります。
歯が白くなるまでの期間には個人差があり、コーヒーなどのステイン着色汚れがどれくらい蓄積しているか、タバコを吸うか否かなども影響します。
1回の施術でもかなり白くなる人もいれば、すぐに色が戻ってしまう人もいますので、歯医者に通う期間は人それぞれとしか言えません。
また自宅でケアするホームホワイトニングと組み合わせることで高い効果を出すことが可能です。

歯医者での歯石取り

歯医者で歯石とりをするメリットとして、歯石は、中に細菌が含まれており、その細菌が常に毒素を出し、歯茎の腫れや歯周病を引き起こす原因となるため、除去することで歯周病予防につなげることができます。
さらに、付くと歯垢も付きやすいため、ついた歯垢は落としにくく、口の中に停滞しやすく、停滞したら発酵してガスを発生させてしまうことにより口臭を発生させてしまうため、口臭予防にもつながります。
最終的に歯周病を引き起こすことで、歯周病の金が血管を介し、全身にめぐることで糖尿病や心臓病などの疾患を引き起こすこともあるため、そういった疾患の予防にもなります。
歯医者で行わなければいけない理由として、硬いため先のとがった器具が必要となりますが、無理に取ろうとすると、歯を傷つけてしまい、そこに汚れが溜まりやすくなってしまうため、なるべく早い段階で歯医者に行くことがおすすめです。
歯医者では、歯石の量によって、施術する回数も変わってきます。
保険診療でも受けることができるので、年に2,3回、定期健診を兼ねて行うことがおすすめです。

check

エコカラットを導入する
http://www.ecocarat-navi.com/

最終更新日:2016/11/4

COPY RIGHT (C) 歯医者さんのお仕事 ALL RIGHT RESERVED